AI画像診断システムを導入しました

AI技術を活用して大腸ポリープ等の病変をリアルタイム検出・鑑別を支援するシステム「CAD EYE」を導入しました。

 

内視鏡画面内にポリープ等の病変と疑われる箇所を検出すると、枠で囲って表示するとともに検出音が鳴ります。

 

腫瘍性の場合には黄色、非腫瘍性の場合には緑色で鑑別結果が表示され、医師の診断補助を行うという画期的なシステムです。

 

ページ上部へ