6月ブログ『麻しん~はしか~流行の恐れ』を更新しました

先日、大阪市が麻しん(はしか)患者の発生に伴い注意喚起を行いました。

麻しんは、感染力が強く重症化や死亡に至るケースもあるので、注意が必要な病気です。

感染してしまった場合、抗ウイルス薬が存在せず、特別な治療法がありません。

今回のブログでは、麻しんの症状、感染ルート、予防方法などを詳しく解説しています。

 

麻しんは空気感染するので、手洗いやうがい、マスクのみでは予防ができません。

最も有効な予防方法はワクチンの接種です。

感染歴がない方は、過去のワクチン接種による十分な免疫があるかどうかの確認をお勧めします。

当院でも、麻しんの抗体検査やワクチン接種(自費診療)を行っておりますので、ご心配な方はお気軽にご相談ください。

 

今回のブログ【麻しん~はしか~流行の恐れ】の詳細はこちら

ページ上部へ